2017年04月18日

ガスガン フィルムヒーター

ガスガンにフィルムヒーターを内蔵してみる。

とびっきりの方法でな!


それから真似するなら自己責任で。完全にアホなカスタム?です。



フィルムヒーターと14500を適当につないでみる。



そのままガスタンクの中へドーン!!!


KSGのガスタンクなら入った。容量の多いマガジンならなんとかなるんじゃないかな?。

KSGだったら結構ギチギチなので電池ボックス事は難しいと思う。

CR123等を使えばスペース的に良いかもしれない

真似するなら電池を変えたりして上手にやってくれ!





完成だ!ガス漏れはしないぞ!(当たり前か)


g単位で重さを図る体重計?を持ってないから、通常時と比較してどのくらいガスが入ったのか分からないぞ!


温度を図る方法が無いから、何分経過でどのくらい表面温度が上がったのか分からないぞ!



もし購入したらレビューしてみます。



とりあえずガス満タンに入れて10分経過   多分変化無し

30分経過   変化無し




おそらく断線?してると思い開封してみる。


ビニテが剥げてました。熱で剥げたのか膨張?で剥げたのか知りませんが、とにかくハゲてました。

やはりハンダなり電池ボックスなり固定は必須ですね。

今度CR123とかで試してみましょう。

代わりにやってくれる人募集中(笑  


Posted by コミネマン at 00:14Comments(3)エアガン

2017年04月17日

ガスガン フィルムヒーター 内蔵

ガスガンのマガジンにフィルムヒーターを貼り付けて温めてみよう!

なんてネタは多くの人がやっているので今更やりません。

というわけで今回はゴリ押しな思い付きアイデアを紹介します。

なお、今回の撮影はPS4の箱の上で行っております。



使うのはコチラ!フィルムヒーター5Ωと0.1mmのエナメル線とシールテープです。



それから単三電池ボックス。



そして電池14500を2本。

この辺りは完全に他人のモノマネです。





さて、フィルムヒーターをマガジン内に内蔵しよう。

写真はKSGのガスタンク。普通のガスガンのマガジンでもできるのか不明。太いマガジンなら多分できるんじゃない?

そのままフタを閉めるとガス漏れしたので、シールテープを噛ませてフタを閉める。

ガス漏れは無し。イイネー





完成!ちゃんと暖かくなったよ!







ただ線が細すぎる。気が付いたら線が切れてた。なんて役に立たないんだ。


内蔵なんて無理だったんだ・・・


おしまい  


Posted by コミネマン at 18:32Comments(2)エアガン

2017年03月30日

東京マルイ KSG サイレンサー 自作

自作ってのは大げさすぎる。
そしてサイレンサーではない。サイレンサーっぽい外見をした筒だ。

というわけで今回使用する商品はコチラ!

ホームセンターに行けば売ってるんじゃないでしょうか。自分は近所のグッデイで購入。260円くらいだったような

まずはKSGの前のほうについてるネジを外す。名称?知らないし覚える気も無い。

ここでは前ネジと仮称しましょう。


こんな感じで上からハメる。別に上からじゃなくても大丈夫だけど、塩ビパイプは個体差で外装の直系が違うらしいので、この方法でやれば確実でしょう。


うわっ、ダセェ(笑)


そして前ネジを取り付ける。なんだか若干窮屈かもしれない。気合でネジを回してくれ
外装の太さ次第では、少し紙やすりとかで表面を削った方が良いのかもしれない。
自分のはそのまま装着可能。


イマイチ分かりにくい、伝わりにくいけど、塩ビパイプの段差を前ネジが挟みこんで、ちょうどいい感じになっている。
固定は完璧。抜ける事はナッスィング




とりあえずAT1000のガワをかぶせてみた。結構それっぽいのでは?スカスカだから固定は必要だけど。ついでに要塗装だね。

あとは各自お気に入りのガワ?を探して上手に固定すれば完成かな
それでは今回はこの辺で  


Posted by コミネマン at 21:24Comments(2)エアガン

2017年03月19日

マルシン 5-7 リミテッドエディションレビュー?

たしか1月くらいに予約したマルシンのCO2ブローバック5-7のリミテッドエディション
ようやく到着しました。
予約した者だけが味わえる~と思ってたら、アマゾンに普通に売っててワロタ・・・ワロタ・・・



シールが貼ってありますん。ぺったん



おぉー!ボンベ3本サービス!
そしてマガジンキャッチ等の灰色の部分が黒になってるが、自分には特に違いを感じるほどは無かった。色よりも形の方が個性が出ているということだろうか



マガジンは新たに裏に穴が空いてる。軽量化されてるのか。特に持った感じは通常版と違いを感じない。面倒なので測ったりはしない。


改良されている部分がどこか覚えていない。5-7は基本的にバラす事がないので、通常版がどんな感じだったかも覚えていない

とまぁまったくやる気の無いレビュー?でした。

これで1つは修理に出してる間に2つ目を使用するという方法が使える。
次はサプレッサー対応のアウターバレルを購入して、CO2畜光弾というコスパ最悪なハンドガンを使いたい  


Posted by コミネマン at 21:31Comments(1)エアガン

2017年03月19日

ショットガン トレーサー 完成

もう面倒なので完成ということにする。

そして作業過程の写真をアップしようと思ったけど、なんか間違って写真消してしまった泣

次2代目を作成する時に写真を改めて撮影するしかない!

また作るのかわからないけど

というわけで完成品



上に発光装置、下に電池が入っています。

ここから塩ビパイプをかぶせるなり、黒い布をまくなり個人でお好みでどうぞ
自分なら迷彩柄のテープ?がお手軽で良いかなと思います。

中身


分かりにくい!でもどうしてもスマホ撮影だと手前がブレる

とりあえずこの外装は東京マルイのトレーサーの外装。余ってたので使いました。
余ってない人はat1000の外装でも使えばいいと思います。

下は電池ボックスを使うもよし、自分はAT1000の電池部分を再利用しました。
このあたりは個人の趣味でお好みでどうぞ

トレーサーの固定方法は、上部レイルの前側を緩めて、トレーサーをセットして、上部レールを絞める。
無理やり固定作戦です。ぶつけると厳しいですが、立てかけるくらいなら余裕です

また、発光装置周辺にはミラーシートを張り付けてあり、(効果があるのか不明だが)光がパァーっとなる仕組みになっている

以上!

作成過程はどうしようもないので、仕方ないので発射動画だけ。

  


Posted by コミネマン at 00:43Comments(0)エアガン

2017年03月16日

ショットガン トレーサー サンプル

工作が得意な人なら楽勝で作れると思う
発光装置部分までは楽勝なんだから、後は外装だけ
自分は銃本体との固定だけ良いアイデアが思い浮かばない
材料と切ったりして作るしかない気がする
活用できそうな固定部分は「スリング穴?」「上部レイルの止めてるビス」「銃口の下のネジ二つ」これくらいだろうか
楽して既製品をうまくして取り付けたいんだけど、現実は厳しい

簡易取り付けサンプル

6発光ってるね!遠距離で撮影してみたい  


Posted by コミネマン at 23:49Comments(0)

2017年03月10日

ショットガン トレーサー 自作

自作ってのは言い過ぎですが、AT1000を加工してショットガン用にしてみます。
3発光れば動画的には最高だと思います。



理想はこんな感じかな。


とりあえず試作品を

ミラーシート貼り付ければもっと光るようになるんだろうか

銃本体との固定と、基盤の固定をする方法を考えなければいけない。
もう少し気合をいれなければいけない。このままこの企画が凍結しないのを祈る(笑)  


Posted by コミネマン at 00:22Comments(2)エアガン

2017年03月08日

フルオートトレーサー AT1000 分解

需要あるの?
ネットでどこかで見たような記憶があるよ


ACETECH AT1000 フルオ-ト トレーサーです。


ネジ2本だけで分解可能でした。ただしトルクスのT10です。

フタを外せば基盤が出てくるので、爪の引っ掛けを外しながら上に引っこ抜きます。


構成パーツ達


大量の紫外線LEDフラッシュで発光させてるのか?
フラッシュライト的な物なのか?よくわからない


いわゆるBB弾の通り道。フラッシュを反射させて効果をアップなんだろうか。よくわからんけど

塩ビパイプにセットしてショットガンの弾通せば発光するんだろうか。やってみたいけど億劫だ  


Posted by コミネマン at 23:23Comments(2)エアガン

2017年03月02日

KSG外部ソースアイデア等

冬はスノーボードが忙しくてサバゲーをやる機会が少なくて困る。
この前ふと考えたんだけど、KSGのガスタンクの注入口の穴を拡張させて、ホースを通せば、排莢口?からホース出せるんじゃなかろうか
本体に加工をする必要もないし。シェル交換の時邪魔かな?
そのまま予備シェル入れを通せばグリップ下から出す方法あるかなーと妄想している。
ついでにショットガンでも畜光弾撃ちたいので方法を模索している。
トレーサー分解するだけでも無駄に楽しいw  


Posted by コミネマン at 22:48Comments(0)エアガン雑談動画

2016年11月20日

サイクロングレネードを投げやすく


サイクロングレネードです。他人のと間違えないように目印のシールを少しだけ貼っています

このサイクロングレネード、スプーンは欠けるわ本体側も欠けるわ、投げるのに時間がかかるわと悪いところもあります。
色々と友人知人からアドバイスをもらい、それらを参考にして自分流のスタイルでいくことに


改善したい点

すぐに抜いてすぐに投げれる
その辺にぶつけて自爆しない
低コスト



というわけで用意したのはコチラ

ヘアピンですね


この金色が傾いた状態を維持できるようにグレネードを加工します。


この辺かな?と適当に穴をあけます。写真映り悪っ!

純正の穴のやや下で金色寄りに空けます。

左右の位置が多少ズレてもピンを通すときに何とかなります。気にしない気にしない。



そしてピンを差して完成

金色の横を通過しているので、自爆はしません

ピンは先の方がくぱぁっとしているので、グレネードから抜けるなんてそうそう無いでしょう

ピンを差した後にピンの先を、グイグイっと開けば固定具合が良くなります。

ドリルで開ける穴をキツめにするのが安心ですね

投げる時はやや強めにグっと引き抜けば抜けます

後はリングつけてカラビナでベルト通しに付ければ完成

ブラブラするのが気になる人は何かしら対策を


いやぁ、サイクロングレネードの改造?は楽ちんでしたねぇ・・・

出会って5秒で即投擲から、出会って1秒で即投擲にパワーアップです

上からキツキツのフタをする作戦も考えたんですが、これが一番楽だと思ったので、穴あけ作戦でいきました

おしまい
  


Posted by コミネマン at 01:39Comments(0)エアガン